外壁塗装・雨漏りとは

contents

外壁の雨漏り
外壁の雨漏り
屋根の雨漏りは、

外壁材の欠損
外壁材の経年劣化
によって引き起こされます。
外壁材の経年劣化
外壁材の経年劣化には、

サイディングボードの劣化
塗膜および塗装の劣化
コーキングの劣化
が考えられます。

サイディングボードの劣化
使っているサイディングボードの種類にもよりますが、「およそ10年~15年」が寿命とされています。
短い場合ものだと「およそ5年~7年」ともいわれていて、サイディングボードの寿命は意外と短いです。
寿命がきたサイディングボードは、ひび割れなどが起きていることもありますし、表面の性能が落ちているので、水の侵入にも弱くなっています。

塗膜および塗装の劣化
塗膜および塗装の種類にもよりますが、「およそ10年~15年」が寿命とされています。
短いものでは「およそ5年~7年」といわれていますが、塗膜および塗装の寿命がくると、一気にいろいろなところで問題が生じます。
塗膜および塗装の防水性能が落ちるのは当然ですが、弾力性が失われているので、ところどころにひび割れが起きるようになります。
結果、塗膜および塗装の内部に侵入した水が、サイディングボードや下地を痛め始めます。

コーキングの劣化
コーキングの寿命は、「およそ5年~10年」といわれています。
コーキングが寿命を迎えると、カチカチに乾燥して、ボロボロの状態になります。
コーキングそのものが収縮し、目地をしっかりと塞いでいない状態になるので、そこから水がどんどん侵入し始めます。
先述したように、直接、防水シートや下地に到達するので、被害が拡大する可能性が高いです。