外壁塗装・雨漏りとは

contents

雨漏りの原因(屋根および外壁)
雨漏りの原因(屋根および外壁)
構造について簡単に理解していただいたところで、

屋根
外壁
それぞれの雨漏りの原因について解説します。
屋根材の経年劣化
屋根材の経年劣化には、

屋根瓦およびスレートの劣化
板金の劣化
防水シートの劣化
コーキングの劣化
が考えられます。
どんなものでもそうですが、時の経過につれて劣化していきます。
とくに屋根は直射日光や風雨にさらされるため、日々過酷な状況に置かれています。
そのぶん、経年劣化が激しくなるのです。

屋根瓦およびスレートの劣化
屋根材の欠損で説明したのと同じようなことが、経年劣化により引き起こされます。
スレート瓦の場合、時間が経つと、表面がボロボロになり、もはや「ただの板」が乗っているだけに等しいような状況になります。
当然、水の侵入はまったく防ぐことができず、雨漏りが引き起こされます。

板金の劣化
板金も劣化します。
金属なので、風雨・高熱にさらされ続ければ、痛むのは当然です。
変質・変形により反りが生じれば、そこから水が侵入し始めます。

防水シートの劣化
防水シートも経年劣化によりダメになります。
屋根に設置した防水シートの寿命は「だいたい20年」と言われています。
防水シートが役割を果たさなくなれば、水が下地に直接流れ込んでいくので、被害は急激に拡大します。

コーキングおよび漆喰の劣化
屋根の接合部分には、

コーキング
漆喰
が使われています。
構造上、どうしても空いてしまうような穴を塞いでいるわけですが、時の経過につれて劣化していきます。
いわば弱点部分を覆っているので、

コーキング
漆喰
の劣化部分から侵入した水は、家屋に大きな被害をもたらす可能性が高くなります。